バーベキューの楽しみ方

バーベキューの火おこしのコツ

バーベキューで一番時間がかかるのは、炭を熾す時ではないでしょうか。

 

バーベキューでは、炭の管理が上手に出来ないとせっかくの食材を焦がしてしまうことになるのです。

 

バーベキューにとって「火おこし」という作業は、とても重要なことなのです。

 

上手に火が熾せないと、バーベキューをすることすら出来ません。

 

炭の火熾しはコツがあり、そのコツさえ掴んでいれば簡単に火を熾せるのです。

 

初心者の場合にお勧めなのは、着火剤を使う事です。

 

着火剤にはゼリー状のものも販売されていますが、出来ればブロックタイプのものを使用するようにしましょう。

 

手馴れているのならば、新聞や枯れ木の小枝などでも十分火を熾すことは出来ます。

 

着火剤に火をつけ、その上に木炭を積み上げていくのですが、うちわなど扇ぎ風を送ると早く火をつけることが出来るのです。

 

その時は風向きに注意して、風を送るように心がけましょう。

 

もっと簡単に火をつけたければ、コンパクトなバーナーを使う事をお勧めします。

 

火がついたからといって、バーベキューをすぐに始めてはいけません。

 

バーベキューを始めるのは、炭に火が付き、更に炭が白くなってから始めなければなりません。

 

消えているのではと思うくらいが、遠赤外線効果で食材を焦がさず美味しく焼き上げる事が出来るからです。

 

事前の準備として、火をつける前に炭を干しておくと、火がよりつきやすくなるのでお薦めです。

 

バーベキューの火熾しは、きちんと順序立てて行えば、それほど難しいものではないのです。

バーベキューの火おこしのコツ関連エントリー


バーベキューの道具や食材の上手な準備のしかたや裏技レシピを紹介します

Copyright (C) 2010 バーベキューを数倍楽しむ方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

バーベキューの火おこしのコツ